L
→LAAZ ROCKIT →LIVING DEATH →LOUDBLAST




LAAZ ROCKIT





City's Gonna Burn (1984)
SPV - SPV 04-7547


ベイエリアを代表するスラッシュメタルバンドのLAAZ ROCKITの1st。
当時のLAAZ ROCKITは特にスラッシュを意識しておらず、オーソドックスなヘヴィメタルが聴ける。
マイケル・クーンズの歌い方からLA メタルっぽい印象を受けるが、ヤワな部分は一切ない。
“Take No Prisoners”と“Forced To Fight”は疾走感溢れるスラッシーな曲。
SPVのオリジナル盤CDはレア。

(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ





No Stranger To Danger (1985)
SPV - SPV 04-7548


ANTHRAXの『Armed And Dangerous』を思わせるジャケットの2nd。
『City's Gonna Burn』に比べスラッシュメタル寄りになったものの、まだ彼ららしい“ベイエリアクランチ”は本作では聴けない。
『City's Gonna Burn』同様に硬派なヘヴィメタルとして楽しむべきアルバムだ。
SPVのオリジナル盤CDはレア。

(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ





Know Your Enemy (1987)
Enigma - CDE-73305


Enigmaと契約してリリースされた3rd。
本作からLAAZ ROCKITらしい“ベイエリアクランチ”と呼ばれるザクザクしたリズムギターを聴くことができる。
名曲“Last Breath”“Euroshima”収録の傑作。
本作から長い間バンドのマスコットキャラクターを務めることになるKrunchがジャケットに登場している。

10 (・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ





Holiday In Cambodia (1989)
Roadracer - RO 2436


4th『Annihilation Principle』からの先行シングル。
“Holiday In Cambodia (Single Mix)”はDEAD KENNEDYSのカヴァー。
クランチヴァージョンがかっこいい。
1988年にオランダで収録された“Prelude To Death”と“Forced To Fight”のライヴも収録。
(・ω・)ノシ家の家宝のうちの一枚。

10 (・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ





Annihilation Principle (1989)
アルファ - 29B2-34


“ベイエリアクランチ”に磨きがかかった4th。
『Know Your Enemy』と甲乙付け難い内容だが、音も演奏も良くなった本作を最高傑作に挙げてもいいかもしれない。
“The Omen”でのマイケル・クーンズの歌の上手さにびっくりする。
DEAD KENNEDYSのカヴァー“Holiday In Cambodia (Digital Mix)”収録。
先行シングルの『Holiday In Cambodia』とはミックスが異なる。
LAAZ ROCKITを初めて聴く人は本作がオススメ。

10 (・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ





↑一番上に戻る。

Home