I
→INTERNAL VOID →IRON MAN →IRON MONKEY →ISIS →IT IS I




IRON MAN





Black Night (1993)
Hellhound - H 0022-2


黒人ギタリストのアルフレッド・モリス三世率いるドゥームメタルバンドの1st。
BLACK SABBATH系のオーソドックスな正統派ドゥームメタルだが、なかなか曲が良い。
ヴォーカルのロブ・レヴィの顔がなんか犬っぽいよ(・∀・)
歌い方は悪くないが、アルフレッドが求めるスタイルではなかったらしい。
トニー・アイオミに心酔している三世はギターもSGを使うという凝りっぷり。
なかなか熱いギターソロが聴ける。
アルフレッドは名前が後に三世から二世に変わるが、一体何があったんだろうね(´・ω・`)キニナルキニナル
ジジイが他人だった!とか。

(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ




The Passage (1994)
Hellhound - H 0034-2


ロブ・レヴィが脱退し、新ヴォーカルにダン・ミカラックを迎えて制作された2nd。
朗々と歌い上げるダンの加入でより正統派度がうpした。
前作以上にアルフレッド・モリス三世のギターソロが熱い。
本作までIRON MANは黒人二人と白人二人という編成だった。
IRON MANを初めて聴くのなら本作がオススメ。

(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ




Generation Void (1999)
Brainticket - BTR-007


五年振りにリリースされた3rd。
ベースがラリー・ブラウンからジンジャーという女性に代わった。
ジンジャーの加入効果か全体的にグルーヴ感が増しているが、アルバムの出来は残念ながら平凡。
アルフレッド・モリス三世以外のメンバーは本作を最後に全員脱退してしまう。

(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ(・ω・)ノシ




↑一番上に戻る。

Home